フォントサイズ:

【短信】原子力機構、「もんじゅ」廃止措置計画を規制委に申請

2017年12月6日

 日本原子力研究開発機構は12月6日、「もんじゅ」の廃止措置計画の認可申請書を原子力規制委員会に提出した。原子炉等規制法に基づく手続き。規制委員会では、「もんじゅ」のナトリウム冷却炉としての特殊性を踏まえ、安全監視チームを設置し原子力機構による取組状況を確認している。
 概ね30年で完了することを目指す廃止措置工程は、4段階に区分されており、燃料体の取り出しを最優先に実施し、2022年度までの第1段階中に完了することとしている。
 これに先立ち、原子力機構は5日、立地自治体の福井県および敦賀市と「もんじゅ」廃止措置における安全対策や地域振興策に関する協定を締結した。

原子力機構発表資料