フォントサイズ:

「2018年度第1回原産会員フォーラム」を開催(報告)

2018年5月30日

当協会は5月25日(金)、「2018年度第1回原産会員フォーラム」を東京都千代田区のホテル ルポール麹町「マーブル」で開催し、86名の会員の方にご参加いただきました。

今回のフォーラムは、「原子燃料サイクル」をテーマとして、お2人の方からご講演をいただきました。
最初に電気事業連合会 原子力部長の渥美法雄様より「原子燃料サイクルの現状について」と題して、5月16日に素案がまとまった第5次エネルギー基本計画を踏まえて、原子燃料サイクル政策に係る現行計画からの変更箇所についてご説明いただいた後、原子力発電所の再稼働の状況、日本原燃㈱六ヶ所再処理施設の現状、プルサーマルおよび使用済み燃料対策の現状についてご紹介いただきました。

続いて、日本原子力研究開発機構 高速炉・新型炉研究開発部門 理事長シニアアシスタントの佐賀山豊様より「高速炉サイクルの現状と課題」と題して、まず「高速炉サイクルによる持続的な発電は、エネルギー安全保障・廃棄物対策の観点から重要」とのご説明をいただいた後、第4世代原子力システム国際フォーラム(GIF)の概要とともに海外各国における開発の動向の紹介、わが国における高速炉政策の方向性についてご紹介いただきました。

 

□講演資料は当協会の会員専用ホームページに掲載しております。
https://www.jaif.or.jp/member/login.php
□過去の開催一覧
https://www.jaif.or.jp/about/activity/forum-meeting/

お問い合わせ先:地域交流部 TEL:03-6256-9314(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る