フォントサイズ:

電力自由化と原子力~海外からの視点~専門家によるコメンタリーシリーズ

2018年1月24日

原産新聞では、特集企画として米国の電力経済エコノミストであるエドワード・キー氏によるコメンタリーシリーズを紹介します。エドワード・キー氏は、2016年および2018年開催の原産年次大会に登壇しております。発表資料はこちらです。

本コメンタリーシリーズは、電力自由市場が原子力に与える影響について、キー氏がCEOを務めるニュークリア・エコノミクス・コンサルティング・グループ(NECG)のwebにシリーズとして掲載しているものです。

(19) ディアブロキャニオン発電所の廃炉

(18) 依然として残る米国原子力発電を巡る問題

(17) より優れた電力市場設計

(16) 原子力発電設備容量のピーク 

(15) 原子力発電存亡の危機

(14) 市場の失敗と原子力発電

(13) デービス・ベッセ原子力発電所

(12) 原子力発電の柔軟性

(11) 夏期の原子力発電

(10) 自由化環境下の原子力に対する米国政府の役割は?

(9) 原子力発電は降伏したのか?

(8) 原子力発電の終焉という愚かな予測

(7) トルコの視点

(6) 米国各州にみる原子力収益の確実性向上措置

(5) 収益の確実性

(4) バーモントヤンキー発電所の閉鎖から学ぶグローバルな教訓

(3) ベースロードの原子力

(2) 原子力発電と短期限界費用

(1) 短期志向社会の中の長期的投資

序文