フォントサイズ:

北朝鮮の核実験に強く抗議する

2017年9月5日

一般社団法人 日本原子力産業協会
理事長 高橋 明男

 9月3日に北朝鮮が強行した6回目の核実験にあらためて強く抗議する。
過去最大規模で行われた今回の北朝鮮の核実験は、国連安全保障理事会決議を踏みにじり、世界の平和と安全に重大な脅威をもたらす暴挙である。
 わが国の原子力産業界は、原子力エネルギーが環境問題の解決に貢献し、安定した電力供給を可能とする恩恵を人類が享受できることを目指している。その平和利用をすすめていくためには、3S(核不拡散、原子力安全、核セキュリティ)の確保が大前提となる。北朝鮮による一連の核実験は、核不拡散に向けた国際的な取組みをないがしろにするものであり、断じて許されるものではない。
 当協会は、核不拡散体制の維持強化の重要性について、国際原子力機関等とも連携して、引き続き訴えていく所存である。

以 上

印刷ページはこちら。

お問い合わせ先:政策・コミュニケーション部 TEL:03-6256-9312(直通)

提言の発信一覧へ戻る