フォントサイズ:

【米国の原子力政策動向】ユッカマウンテン使用済燃料処分場計画プロジェクトを巡る議会の動向

2018年6月13日

環境政策アナリスト 前田一郎

 ユッカマウンテン使用済燃料処分場プロジェクトについては、前オバマ政権のもと開発がストップさせられていたが、トランプ政権になって、エネルギー省(DOE)と原子力規制委員会(NRC)への費用支出を認め、再び動き出した。しかしながら、プロジェクト遂行のためには連邦大では二つの障壁がある。ひとつはネバダ州の土地および地下水の利用に関する規制、そして議会における予算措置である。

全文はこちらをご覧ください。

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る