フォントサイズ:

エクセロン社の23基が高稼働 米国

2014年11月11日

米国の6州14地点で23基の原子炉を操業するエクセロン社は10月29日、これらの原発が今年第3四半期中に前年同期比25%増の452億6300万kWhを発電するなど、良好な運転実績を残したと発表した。
このうち86億1700万kWhは2012年に買収したコンステレーション・エナジー・ニュークリア・グループ(CENG)所有の3サイト5基からのもの。ニューヨーク州にあるギネイ原発の1基、ナインマイルポイント原発の2基、およびメリーランド州のカルバートクリフス原発の2基で、昨年7月末にエクセロン社への統合が決まって以降、今年の4月1日付でようやく正式にエクセロン社の所有となっていた。
<後略>
オンタリオ湖南岸に立地するロバート E.ギネイ原発
NEWS01_1415588440B