フォントサイズ:

ボーグル3の増設工事が進展 米国

2014年11月4日

米国で約30年ぶりの新設計画であるボーグル原子力発電所3、4号機(110万kWのウェスチングハウス社製AP1000、2基)をジョージア州で増設中のサザン社は21日、3号機の原子炉系統部分に重さ18万ポンド(約82トン)のCA05構造モジュールを設置したと発表した。2017年以降の完成に向けて建設計画はまた1つ大きな節目を迎えている。

<後略>

â0¸0å0ü0ë0(