中間貯蔵施設用地補償で説明会 環境省

2014年10月2日

[原子力産業新聞] 2014年10月2日 第2737号 <2面>

環境省は9月29日より、大熊町と双葉町の中間貯蔵施設予定地内の不動産所有者を対象に、用地補償に関する説明会を開催している。説明会は、10月12日までに、福島県外での開催3回を含めて、計12回行われる。

除染で取り除いた土壌など、放射性物質に汚染された廃棄物を最終処分までの間、管理する中間貯蔵施設については、9月1日に、安倍首相が福島県知事、大熊町長、双葉町長と面会し、建設を認めるとの回答を得たところだ。

お問い合わせ先:企画部 TEL:03-6256-9316(直通)