フォントサイズ:

原平協、原子力の堅持を要望、早期再稼働も

2015年2月5日

 福井県を中心に原子力発電に関する理解活動を自主的に行う「福井県原子力平和利用協議会」は1月29日、経済産業省の関芳弘大臣政務官を訪れ、福島原子力災害被災地の早期復旧を第一に、安全確保を前提とした原子力発電の堅持を求める要望書を提出した(=写真)。
 要望書では、エネルギー基本計画で、ベースロード電源として位置付けられた原子力発電を一定比率で早期に確保すると同時に、新規制基準に基づく適合性審査を速やかに行い、安全が確認された原子力発電所の早期再稼働を進めるよう求めている。
(2月5日付号掲載)

原平協の写真