増設ALPSが全系統試験へ 福一の廃止措置

2014年10月2日

[原子力産業新聞] 2014年10月2日 第2737号 <1面>

資源エネルギー庁が9月25日まとめた福島第一原子力発電所廃止措置の進捗状況によると、増設多核種除去設備のホット試験は、9月17日にA系統が開始、10月上旬までにA~C全系統で試験入りし、本格運転を目指す。高性能多核種除去設備も10月中旬よりホット試験開始の予定。

機器点検のため作業が中断していた4号機使用済み燃料プールからの燃料取り出しは、9月4日から再開され、24日時点で82%完了した。

お問い合わせ先:企画部 TEL:03-6256-9316(直通)