フォントサイズ:

安全保障に向け協力強化 日米シンポ 日本も努力姿勢示す必要

2014年11月11日

日本経済新聞社と米戦略国際問題研究所(CSIS)によるシンポジウム「第2次安倍改造内閣と日米同盟の新展開」が10月30日、都内ホテルで開催された。
冒頭の講演で、M.フロノイ前米国防次官(=写真)は、米国が今後50年の繁栄と安全保障をふまえてアジアに安全保障の軸足を再び移す「リバランス(再均衡)政策」の意義を強調。これを成功させるためには、日本や中国との協力を強化するとともに、環太平洋経済連携協定(TPP)など自由貿易の追求や21世紀に見合った同盟国との安全保障構築などが重要だと語った。
<後略>

NEWS02_1415588837B