フォントサイズ:

日立の陽子線治療むけ加速器研究がつくば賞に

2014年12月11日

 茨城県の科学技術振興に貢献した個人・団体を表彰する「つくば賞・つくば奨励賞」(茨城県科学技術振興財団他主催)の授賞式がこのほど、県内の国際会議場で開催された。
 本紙関連では、「つくば奨励賞・実用化研究部門」を、「世界最小となる陽子線治療システム用シンクロトロンの開発と実用化」の研究テーマで、日立製作所の鮱名風太郎氏、同・梅澤真澄氏、同・青木孝道氏が受賞した。放射線被ばくを低減でき精度の高い照射が期待されるがんの陽子線治療で、シンクロトロンを構成する磁石数を半減させることにより小型化を図ったもので、本システムによる治療は、国内で開始されているほか、北米三病院への導入も決定しているなど、実用化が進展している。
(12月11日付号掲載)