フォントサイズ:

東北電、東通の破砕帯評価で規制委に反論

2015年1月22日

 東北電力は15日、原子力規制委員会の有識者会合が12月22日に東通原子力発電所敷地内の破砕帯について取りまとめた評価書案に対し、各論点ごとに反論を整理し意見書として同委に提出した。
 同社は、規制委員会の有識者会合が取りまとめた評価書で、東通原子力発電所の原子炉建屋直下にあるf―2断層については「将来活動する可能性のある断層」ではないとされたが、耐震安全上重要な施設の直下にあるf―1断層、敷地内主要断層のD―3断層とF―9断層については異なる趣旨の見解が示されたとして、今回の意見書を十分に踏まえた評価がなされるよう求めている。
(1月22日付号掲載)