フォントサイズ:

東芝がヘルスケア事業強化 画像診断技術など開発加速

2014年12月25日

 東芝は、中期経営計画で掲げるヘルスケア事業の拡大に向け、次世代製品の開発と中長期の差異化技術の研究開発を行う拠点として、12月17日、神奈川県川崎市の小向事業所内にヘルスケア開発センターを開所した(=写真)。
 また、ヘルスケア分野における研究開発費として2016年度には本年度の3割増となる500億円を投入するとともに、同センターを含めヘルスケア事業にたずさわる国内外の研究開発人員を現在の約3000名から2016年度には2割増の約3800名に増員する。
【中略】
 また、東芝メディカルシステムズ(以下、「東芝メディカル」)が手がける超音波診断装置やMRIなどの画像診断システムの開発計画の中から、研究開発センターや首都圏の大学・研究機関との連携効果の高いテーマを選定して、早期の市場投入を目指した開発を行う。【後略】
(1月7日付号掲載)

東芝ヘルスケアの拠点