フォントサイズ:

自主安全性向上WG、中長期のロードマップで論点整理

2015年2月19日

 総合エネルギー調査会の原子力に関する自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ(WG)は13日、軽水炉安全技術・人材ロードマップの論点整理を行った。
 ロードマップは、WGが日本原子力学会とのやり取りで作成していくが、前回までの議論で、学会が取りまとめた中間報告に基づき、ロードマップでは、20年、30年、50年までをマイルストーンに、それぞれの目指す姿を「標語」として、国民にわかりやすく示すこととしている。
 今回の論点整理では、今後、政策方針の決定・変更があった場合のローリングの必要があげられたほか、技術開発とそのために要する人材の確保を表裏一体で進めていくため、どのようなロードマップ構成とするかなど、引き続き原子力学会と議論を深める。
(2月19日付号掲載)