フォントサイズ:

高経年炉で方針検討へ 原子力小委 会計制度 具体化急ぐ

2014年11月4日

総合資源エネルギー調査会の原子力小委員会(委員長=安井至・製品評価技術基盤機構理事長)は27日に、国民、自治体との信頼関係構築に関する議論を行ったほか、高経年炉の取扱い判断が迫られる状況から、会計制度の具体化について検討する方針を示した。

会合では、新たなエネルギー基本計画の記載を踏まえ、資源エネルギー庁が、信頼関係構築に向け、「立地地域が長年にわたり電力安定供給に果たしてきた貢献に対し、大消費地始め全国的に理解が不十分」、「『結論ありき』との印象を与える情報発信となっている」といった問題意識をあげた。

<後略>