フォントサイズ:

GEH社がベトナム規制当局と人材育成協力で覚書

2015年2月12日

 GE日立ニュークリア・エナジー(GEH)社は10日、BWR設計技術に関する理解を深めてもらうことを目的とした了解覚書(MOU)をベトナム放射線防護・原子力安全機構(VARANS)と締結(=写真)したと発表した。この覚書に基づきGEH社は原子力安全分析分野で同国の人材育成を支援することになるが、主な狙いは、2030年までに1,000万kW以上の原子力発電設備建設を計画する同国に、ESBWR(高経済性・単純化BWR)を始めとする同社製BWRを提案していくことにある。
受動的安全系を備えた第3世代プラスのESBWR設計には昨年9月、米原子力規制委員会(NRC)が設計認証(DC)を発給し、同国で今後建設される標準設計の1つとなった。また、翌10月には米越原子力協力協定(123協定)が発効。米国の原子力企業からベトナムへの機器輸出が可能になっており、GEH社は世界で最も安全な原子炉設計のサプライヤーとして、ベトナムが急増するエネルギー需要を満たすのを支援する理想的な立場にあると強調している。