フォントサイズ:

三菱電機プラントエンジ、大型トラック対応の放射能汚染検査装置開発

2015年7月14日

 三菱電機プラントエンジニアリングは7月13日、これまで手作業で行っていた大型トラック表面の放射能汚染を自動的に検査する「車両放射能汚染検査装置」を開発したと発表した。大面積の放射線検出器の開発により、タイヤなどを除きトラック表面すべてを自動走査して汚染の有無を確認できるほか、10トンダンプトラック1台の計測時間は約3分30秒と高速検査も可能。本装置により、今後の中間貯蔵に向けた汚染土壌運搬を効率化、省力化し、検査に携わる作業員の被ばく低減も図られることが期待される。