フォントサイズ:

電気事業者、温室効果ガス削減目標示す

2015年7月17日

 電気事業連合会加盟10社、電源開発、日本原子力発電、新電力有志23社は7月17日、2030年度のCO2排出係数0.37kg-CO2/kWh程度を目指すとする低炭素社会実行計画を策定、公表した。政府による2030年度のエネルギー需給見通しや温室効果ガス削減目標が示されたことを踏まえ、各事業者の実行計画を統合し新たな目標を設定したもの。
 新たな実行計画では、「S+3E」の観点から、最適なエネルギーミックスを追求することを基本に、電力供給の需給両面での取組を推進し、低炭素社会の実現に努めることとして、2030年度のCO2排出係数0.37kg-CO2/kWh程度を目標に掲げた。目標実現に向けては、(1)安全確保を大前提とした原子力発電の活用、(2)再生可能エネルギーの活用、(3)火力発電の高効率化(最大削減ポテンシャルとして約1,000万トン-CO2の排出削減)、(4)低炭素社会に資するお客様へのサービス提供――に努めるとともに、毎年実施状況のフォローアップを図ることとしている。