フォントサイズ:

楢葉町避難指示解除 町長が安心して心豊かに暮らせる環境整備に意欲

2015年9月7日

 楢葉町では9月5日午前0時、避難指示が解除され、楢葉町復興祈念式典が同日、町立あおぞらこども園で開催された。同町は2015年4月より準備宿泊を進めてきた。
 松本幸英楢葉町長は今回の解除を受けて、「町で止まっていた時計の針が再び動き始めたところ」として、2012年8月の警戒区域見直しや2014年5月の「帰町の判断」などの悩みぬいた末の決断があったからこそ、除染やインフラ復旧、生活環境の回復が加速し復興や再生を前進させることができたとの考えを述べた。
原子力災害により大きく失われた安全・安心に対する信頼は簡単に回復できるものではないとしながらも、避難生活の更なる長期化は決して望ましくないと明言。このため同町では復興計画に「安心できる生活環境の回復」、「生活再建支援策の充実」、「住み良い魅力あるまちづくり」の3つの重点施策を掲げて、かつての原風景を取り戻すとともに「新生ならは」の創造を目指して全町を挙げて取り組んできたことを振り返った。
 避難指示の解除は「ようやく復興のスタートラインに着いたに過ぎない」と述べ、目指すべきゴールの1つの形として「町民が安心して、心豊かに暮らすことができる環境を整備すること」を挙げて、町民と協力しながら新たなまちづくりに取り組んでいく意欲を示した。