フォントサイズ:

川内2号機で燃料装荷が完了

2015年9月14日

 九州電力の川内原子力発電所2号機で9月13日夜、原子炉への燃料装荷作業が完了した。同機は現在、再稼働に向け、原子力規制委員会による使用前検査を受検しているところで、今回の燃料装荷作業は当初の6月からずれ込み9月11日に開始した。同社が8月末に規制委員会に提出した検査申請書によると、川内2号機は早ければ11月にも営業運転復帰となる見込みだ。
 新規制基準施行後の適合性審査で、川内1、2号機は2014年9月10日に、先陣を切って原子炉設置変更許可を取得し、その丁度1年後となる2015年9月10日に、1号機が営業運転再開に至ったところだ。