フォントサイズ:

竹下復興相楢葉町視察 今後避難解除する地域のモデルに

2015年9月28日

 竹下亘復興相は9月25日の記者会見で、19日に訪れた福島県楢葉町の視察について報告した。9月5日に同町の避難指示が解除されてから初めての訪問となり、福島第一原子力発電所廃炉作業に向けて現在建設中の研究開発拠点であるモックアップ施設(楢葉遠隔技術開発センター)やJヴィレッジ等を訪れた。
 竹下復興相は、「いよいよ帰還に向けてスタートしたなという感じを受けた」として、帰還が順調に進むことにより、これから避難解除が続くほかの市町村のモデルになるものであるという認識を示した。また住民との意見交換での「宿泊許可が出たらすぐに自宅に住もうと思っていた」「若者や子供がいかに戻ってくるかが大事である」などの声を紹介し、町民が楢葉に戻ってきてよかったと感じる町にしなければいけないということを痛感したとの感想を述べた。さらに今後解除される地域についても、コミュニティーの復活に大きな力を注ぐよう軸足を移していかなければならないと強調した。
 9月27日には小泉進次郎復興庁政務官も楢葉町を訪れ、モックアップ施設を視察したほか、学校再開に向けての懇談会に参加した。