フォントサイズ:

島津製作所 操作が簡易で省スペースの医院・診療所向け診断用X線撮影装置発売

2015年10月2日

ShimadzuXsyProEFXVersion

X’sy Pro EFX Versionⓒ島津製作所

 島津製作所は10月1日、小規模医療施設向け診断用X線撮影装置「X’sy Pro EFX Version(エクシープロ エフェックスバージョン)」を発売した。医院や診療所などのニーズに応えて、シンプルな操作性と省スペースでの設置を実現している。
 同装置は、検査部位に合った適切な撮影準備情報を操作卓に表示してナビゲートする「ワンタッチガイド」を搭載し、X線照射野を設定するX線可動絞り部には照射サイズを選択しやすい工夫を施して、操作に熟練していない医師にも容易に設定ができるようにした。畳3帖(2.7m×1.8m)のスペースに設置でき、通常のAC200ボルト電源だけでなくAC100ボルト電源で使用できるタイプもラインアップに加えた。
 また、オプションのワイヤレスFPD(フラットパネルディテクタ)キットによって、撮影後に画像を読み取る手間を省いて迅速な画像診断ができるほか、撮影装置と撮影条件の連動も可能とし、検査業務のさらなる効率化を図れる。線量管理においても、グリッド着脱可能な設計で、小児撮影の際などにはグリッドの取り外しによってX線量を低減でき、無用な被ばくを抑えられる。さらにX線可動絞りの開き量と撮影条件から線量を計算して表示する機能を搭載している。
 X線照射野を示すランプには長寿命で照度の高いLEDを新たに採用し、点灯時の消費電力を同社従来機比で約70%削減。照射野ランプの点灯機能は「LEDアイ」機能として、撮影直前に操作室からでも照射野を確認できる。
 今回発売の「X’sy Pro EFX Version」は、発売から1年間で国内600台の販売を計画している。1999年に最初のモデルを発売した小規模医療施設向けX線撮影装置「X’sy」シリーズは、これまで国内で累計6,000台以上の納入実績がある。