フォントサイズ:

日ルクセンブルグ外相会談 EUへの福島県産品輸入規制緩和で協力

2015年11月9日

 アジア欧州会合(ASEM)外相会合出席のためルクセンブルクを訪問している岸田文雄外務大臣は11月5日、J.アセルボーン・ルクセンブルク外務・欧州大臣と外相会談を実施した。日本の外相の同国訪問は24年ぶり。ルクセンブルクは2015年7月から12月までの欧州連合理事会(EU)議長国を務めている。
 岸田外相からの福島県産等の日本産食品の輸入規制緩和・撤廃に関する協力要請に対し、アセルボーン大臣はEU議長国として、緩和・撤廃に向けて協力していきたいと述べた。また両大臣は、日EU間の経済連携協定(EPA)の本年中の大筋合意および日EU戦略的パートナーシップ協定(SPA)の早期妥結や、両国が安保理改革の早期実現について緊密に協力していくことなどで一致した。