フォントサイズ:

高浜発電所4号機で燃料装荷終了 同3号機はフル稼働に

2016年2月4日

 関西電力は2月3日、高浜発電所4号機で1月31日から実施していた原子炉への燃料装荷作業を終了したと発表した。2月下旬に発電を再開する予定。装荷された燃料157体にはMOX燃料が4体含まれており、再稼働に伴い同機としてもプルサーマル発電を初めて実施することとなる。国内のプルサーマル発電は、九州電力玄海3号機、四国電力伊方3号機、高浜3号機に続き4基目となる。
 一方、1月29日に原子炉を起動し、2月1日に発電開始後、諸試験実施のため出力を段階的に上げていた高浜発電所3号機は、2月4日に出力100%に到達し、定格熱出力一定運転を開始する予定。