フォントサイズ:

G7広島外相会合 核兵器のない世界に向け「広島宣言」発出

2016年4月12日

 G7広島外相会合が4月10日と11日の2日間にわたり開催され、核軍縮に関するメッセージ「広島宣言」など、4つの成果文書を発出した。また、G7外相による史上初の広島平和記念資料館訪問および原爆死没者慰霊碑への献花、原爆ドームへの訪問も行われた。
 岸田文雄外相は議長国として、軍縮・不拡散について現状は大変厳しく、核兵器国と非核兵器国との協力が必要だとの認識を示し、その双方が含まれるG7が一体となって国際社会にメッセージを発出し、協力の具体的な在り方を国際社会に示すことは、「核兵器のない世界」に向けた機運を再び盛り上げ、取り組みを再起動する上で大変重要だとした。
 今回発出された「広島宣言」では、核兵器国と非核兵器国による対話の促進、世界の指導者等への被爆地訪問の呼びかけ、核戦力の透明性向上および核軍縮における多国間アプローチの重要性などが盛り込まれたほか、核兵器は二度と使われてはならないという広島および長崎の人々の心からの強い願いを共有することについても触れている。