フォントサイズ:

IAEAのウラン備蓄バンク、2017年9月までに貯蔵施設の操業開始

2016年6月2日

ウィーンで協定に署名するUMPの販売担当重役(=左)とIAEAのプロジェクト担当官©IAEA

ウィーンで協定に署名するUMPの販売担当重役(=左)とIAEAのプロジェクト担当官©IAEA

 国際原子力機関(IAEA)は6月1日、加盟国への低濃縮ウラン(LEU)供給を保証する備蓄バンクについて、バンクを設置予定のカザフスタンのウルバ冶金工場(UMP)とLEU貯蔵施設の建設に関するパートナーシップ協定を5月27日付けで締結したと発表した(=写真)。貯蔵施設は今後、カザフの関係当局による承認を経て、2017年9月までに操業開始の準備が整う見通しで、IAEAは同バンクの設置に向けた重要な節目になったと強調した。施設内の機器も含めて、貯蔵施設の設計はUMPが実施したが、IAEAの専門家は今年3月に現地を視察した際、この設計がIAEAの安全基準とセキュリティ・ガイダンスに適合していることを確認済みだとしている。

 核燃料の供給を保証しつつ核不拡散上の目標達成を目指した多国間管理システムの構築は、2003年に当時のM.エルバラダイ事務局長が初めて提唱した。IAEAのLEU備蓄バンクは、商業市場その他の既存ルートによるLEU供給が途絶した場合の最終手段として、IAEA理事会が設定した適格性基準を満たした加盟国のみが利用可能。100万kW級軽水炉を3年間運転するのに十分な量といわれる最大90トンを備蓄予定で、施設の安全・セキュリティはカザフ政府が責任を負い、同国の法制と規制要件に準じて運営される。また、LEUはIAEAによる保障措置の管理下に置かれるとともに、利用国にはIAEAの包括的保障措置協定の締結とその遵守が義務付けられる。

 IAEA理事会が2010年12月に同バンクの設置・操業計画を承認した後、カザフ政府はIAEAの関心表明要請に応じて2011年7月にホスト国となることを提案した。2015年8月にはIAEAとカザフの間で同バンク設置の法的枠組となるホスト国協定が結ばれ、両者は共同調整委員会を設置。ホスト国で必要なインフラ整備のための活動計画などで合意していた。