フォントサイズ:

島津製作所 最新デジタル式回診用X線撮影装置発売

2016年6月16日

MobileDaRtEvolutionMX7Version

MobileDaRt Evolution MX 7 Versionⓒ島津製作所

 島津製作所は6月16日、最新のDR(デジタルラジオグラフィ)システムによる多彩な機能や本体内蔵の大型画像表示モニタ、軽量な新型FPD(フラットパネルディテクタ)など、充実した機能や操作者に配慮した装置設計によって医療現場における回診業務をより一層支援するデジタル式回診用X線撮影装置の新製品「MobileDaRt Evolution MX7 Version(モバイルダート エボリューション エムエックスセブン バージョン)」を発売した。
 今回の新製品では、画像処理ユニットに最新のDRシステムを搭載し、撮影装置本体とDRシステムとの優れた連動性に基づく電源管理機能で、無用な電力消費を抑えて効率的にバッテリーを活用できる。また、約1分でDRシステムの起動が可能なことに加え、17インチの大型画像表示モニタや便利な収納スペースなど、医療現場のニーズに応える設計を採用。さらに、新型のFPDは、14×17インチモデルとしては業界最軽量の2.5kgであり、防水性にも優れている。
 FPD搭載のデジタル式回診用X線撮影装置は、病棟回診や、救急処置室・新生児集中治療室(NICU)など緊急性の高い医療現場での検査に使用されている。同社は、これまでに全世界で累計2,700台を超えるデジタル式回診用X線撮影装置の販売実績がある。