フォントサイズ:

安倍首相ら 広島市原爆死没者慰霊式と平和祈念式へ出席

2016年8月8日

 広島市原爆死没者慰霊式と平和祈念式が71回目の「原爆の日」である8月6日、広島市中区の平和記念公園で開催された。安倍晋三首相を始めとする日本の閣僚、国連等国際機関、外国91カ国と欧州連合(EU)の代表などが出席し、被爆者や遺族ら約5万人も参列して、犠牲者の冥福と世界の平和を祈念した。
 松井一實広島市長は「平和宣言」で、5月に原爆投下国の現職大統領として広島を初訪問したオバマ米国大統領の「私自身の国と同様、核を保有する国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を追求する勇気を持たなければならない」との言葉に触れ、世界の為政者に対し、連帯をより強固なものとして、信頼と対話による安全保障の仕組みづくりに情熱を持って臨むことを求めた。
 安倍首相は71年前に広島及び長崎で起こった悲惨な経験を二度と繰り返さないための努力を絶え間なく積み重ねていくことが今を生きる我々の責任であるとし、「唯一の戦争被爆国として、非核三原則を堅持しつつ、核兵器不拡散条約(NPT)体制の維持及び強化の重要性を訴える」と力を込めた。そして、核兵器国と非核兵器国の双方に協力を求め、世界の指導者や若者に被爆の悲惨な実態に触れてもらい、「核兵器のない世界」に向けて努力していくことに意欲を見せた。
 安倍首相らは式典後、広島市内のホテルで開催された「被爆者代表から要望を聞く会」に出席し、7団体の代表者と話し合いを行った。