フォントサイズ:

日立GEが英国2大学とBWR技術支援で覚書締結

2016年10月31日

hitachiukmou

覚書署名の模様(左より、バンガー大・ヒューズ副学長、日立GE・守屋技師長、インペリアル大・ブラックセンター長、ⓒ日立GE)

 日立GEニュークリア・エナジーは10月31日、英国のインペリアル大学とバンガー大学との間で、研究者にBWRの技術支援を行うことを目的とした覚書を締結したと発表した。本覚書に基づき、同社は、これまで培ってきたBWRの技術や建設経験を活かし、両大学が6月に新設したBWR研究ネットワークに対し、英国への非常勤研究員の派遣や、日本へのインターンシップ生の受入れを通じ、豊富な知見の提供や様々な技術支援を行っていく。
 日立GEは、英国における原子力発電事業会社であるホライズン・ニュークリア・パワー社が2020年代前半の運転開始を目指し、英国アングルシー島のウィルヴァ・ニューウィッドで開発を進めている新規原子力発電所建設プロジェクトにおいて、ABWRのサプライヤーとして支援を行っている。
 今回の覚書締結に際し、日立GEの武原秀俊社長は、「BWR技術の専門知識を現在そして将来のために開発するBWR研究の専門機関」と、英国のBWR研究ネットワークを高く評価した上で、「英国がBWRの専門的知識を有する大国となるための協力」につながるなどとコメントした。
 また、インペリアル大学のマイケル・ブラック原子力エンジニアリングセンター長は、「英国や他の多くの国々に対して、低炭素かつベースロード電源となり得る発電に貢献する原子力研究の必要性や案件組成に取り組んでいく」と、バンガー大学のジョン・ヒューズ副学長は、「次世代の原子力専門家を育成し、北ウェールズ地区に新たな学術や研究の専門領域を築く」と、それぞれ展望を語り、日立GEとパートナーを組むことに期待を寄せた。