フォントサイズ:

2018年(暦年)の原子力発電設備利用率は15.0%

2019年1月15日

 原子力産業新聞が電力各社から入手したデータによると、2018年(暦年)の国内原子力発電所全体の設備利用率は15.0%、総発電電力量は515億1,003万kWhとなった。2011年の福島第一原子力発電所事故を受け、設備利用率は徐々に下がり2014年にはゼロになったが、新規制基準に係る適合性審査をクリアしたプラントが順次再稼働し漸く二桁台に回復した。
 2018年には、いずれも100万kW級となる関西電力大飯3、4号機、九州電力玄海3、4号機の計4基が新たに発電を再開した。一方で、関西電力大飯1、2号機、四国電力伊方2号機、東北電力女川1号機の計4基が運転終了(電気事業法に基づく廃止)となり、国内の原子力発電所は計38基・3,804.2万kWとなった。(東京電力福島第二1~4号機については、6月に廃炉の方向で検討することが表明されている)
 また、12月は再稼働した計9基のプラントすべてがフル稼働しており、熱出力一定運転の効果により設備利用率はいずれも100%を超え、特に九州電力川内1号機は107.2%に達している。