フォントサイズ:

インターネット百科事典「ATOMICA」、原子力機構での運営に

2019年3月15日

 原子力に関連する幅広い情報を提供するウェブサイト上の百科事典「ATOMICA」が3月14日、日本原子力研究開発機構による運営となった。(これまで高度情報科学技術研究機構が運営していた。新たなウェブサイトは こちら
 「ATOMICA」は、キーワード検索や18の大項目から中・小項目を順次選択する分類検索により知りたい情報に行き着くことができるほか、ウェブサイトの利点を活かし、他項目や図表へのリンクも設定されているのが特長だ。現在約2,600件の登録記事に対し毎月総アクセス数は約18万件に上っており、一般・学生への情報提供に寄与しているほか、原子力の導入を検討している途上国からも関心が寄せられている。
 原子力委員会が情報体系の整備に関して2016年に示した見解の中で、「国民が疑問に思ったときに、インターネット等を活用して、自ら調べ、疑問を解決できるような情報体系を整備すべき」とされており、こうした要請に応えるものとして「ATOMICA」に期待がかかっている。