フォントサイズ:

【短信】環境省、2017年度温室効果ガス排出量を発表-5年連続で減少

2019年4月17日

 環境省は4月16日、2017年度の我が国における温室効果ガス排出量(確報値)を公表した。2017年度の総排出量は、前年度の13億800万トンから1.2%減少の12億9,200万トンとなった。減少の主な要因には、再生可能エネルギーの導入拡大と原子力発電所の再稼働等によるエネルギーの国内供給量に占める非化石燃料の割合の増加などが挙げられている。
 環境省発表資料は こちら