フォントサイズ:

【短信】東芝ES、福島第一2号機の原子炉格納容器内調査で東電より表彰

2019年7月31日

 東芝エネルギーシステムズは7月30日、福島第一原子力発電所2号機の燃料デブリ取り出しに向けて実施した原子炉格納容器の内部調査に関し、東京電力より感謝状を受領したと発表した。
 同調査では、2018年1月に、伸縮機能を有するパイプを釣り竿のように原子炉格納容器の内部に垂らし、パイプ先端に取り付けた調査装置で燃料デブリと推定される堆積物の撮影に成功。2019年2月には堆積物に接触し、性状に関わるデータを取得するなど、福島第一廃炉計画の前進に貢献した。
 (発表資料は こちら