フォントサイズ:

日英原子力産業フォーラムの開催

2017年1月24日

 当協会と英国原子力産業協会(Nuclear Industry Association: NIA)は駐日英国大使館と連携し、2012年4月に産業界同士の協力促進を目的として締結した協力覚書に基づき、2017年1月17日~18日の2日間、第1回日英原子力産業フォーラムを駐日英国大使館大使公邸にて共催しました。
 原子力産業の歴史も古く、除染や廃炉の分野に先駆的に取り組む英国は、豊富な経験と知見を有するとともに、昨今では、同国において6サイトでの原子力発電所新設プロジェクトも進行しています。このような状況の中、英国原子力産業界にとって、サプライチェーンの構築は急務であり、日本企業の投資や参入を望む声も強くなっています。また、英国には、産業インフラや人材も残されており、比較的低いリスクで日本の原子力産業の国際展開が期待できることからも、日本の原子力産業界が、除染・廃炉と新規建設の両面で英国の産業界と協力する可能性を探る観点で実施しました。
 本フォーラムには日英の原子力産業界の関係者が参加し、原子力発電所の廃炉および新規建設について両国の産業界から発表されるとともに英国企業による展示ブースも設置され、参加者間の交流が活発に行われました。参加者は総勢180名を超え、主会場には入りきらないほどの盛況ぶりを見せ、英国からは70名を超える原子力関係者が来日し、日本との協力に対する関心の高さが伺われました。

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る