フォントサイズ:

「2017年度第7回原産会員フォーラム」を開催(報告)

2017年12月20日

当協会は12月6日(水)、「2017年度第7回原産会員フォーラム」を東京都千代田区の東海大学校友会館「阿蘇の間」で開催し、64名の会員の方にご参加いただきました。
今回は、フランス、スペイン、英国、米国の各大使館より、各国の原子力政策や原子力産業界の動向について、最新動向をまじえつつ次のとおりご講演をいただきました。


・講演1「フランスの原子力政策」
 スニル=フェリックス氏 フランス大使館 原子力参事官
<電源構成の推移とビジョン、バックエンド事業、原子力産業界(アレバグループ)の再編などについて>

・講演2「スペインの原子力産業」
 マリアデルコリセオ ゴンサレス=イスキエルド氏 スペイン大使館 経済商務部 所長 経済商務参事官
 内田瑞子氏 スペイン大使館 経済商務部 投資・産業協力担当アナリスト
<エネルギー事情、原子力開発の状況、原子力産業の国際化(日本との二国間協力)などについて>

・講演3「英国の原子力産業の過去・現在・未来」
 キース=フランクリン氏 英国大使館 一等書記官(原子力担当)
<エネルギー政策・原子力政策の推進力、新規建設、電力市場改革、廃止措置の状況などについて>

・講演4「米国の原子力」
キャメロン=サロニー氏 米国大使館 エネルギー担当官 エネルギー省 日本代表事務所 副代表
<エネルギー政策の推進力、原子力の役割、世界の原子力市場の現状と課題、廃止措置の状況などについて>

□講演資料、過去の開催一覧は以下のページに掲載しております。
https://www.jaif.or.jp/about/activity/forum-meeting/

お問い合わせ先:地域交流部 TEL:03-6256-9314(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る