フォントサイズ:

「第31回 韓国原子力産業会議年次大会」の開催について

2016年4月1日

 韓国原子力産業会議(KAIF)は2016年4月20日~21日、釜山市の釜山国際展示場(BEXCO)で、「Post-2020, Nuclear Power: Our Choice and Challenge for the Planet」を基調テーマに「第31回年次大会」を開催します。
 2015年12月にCOP21で採択されたパリ合意において、史上初めて全ての国が排出削減に取り組む新たな枠組ができるなか、原子力発電は今、大きな岐路に立たされています。今大会では、原子力発電の現状と役割を振り返りながら、2020年以降の原子力発電の在り方や持続可能な社会を実現するために必要な方策等について、議論します。
 また、同会場では4月20日~22日の3日間にわたり、韓国国際原子力展示会(International Nuclear Energy Korea 2016)も併催します。

英語版プログラムはこちら。

韓国原子力産業会議ホームページ http://www.kaif.or.kr/eng/
年次大会専用ページ http://kapconf.com/31/en/

以上

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る