各国代表や産業界リーダーによる気候変動計画への原子力の役割詳述 ― COP26でのIAEAサイドイベント ―

2021年11月19日

国際原子力機関(IAEA)は2021年11月4日、英国・グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)のサイドイベントとして「ネットゼロの世界のための原子力イノベーション “Nuclear Innovation for a Net Zero World”」を開催しました。このイベントには、ブラジル、ガーナ、米国、ロシアの政府要人や国連欧州経済委員会(UNECE)委員長のほか、世界原子力協会(WNA)事務局長や世界原子力発電事業者協会(WANO)CEOなど産業界のリーダーも参加し、ラファエル・マリアーノ・グロッシーIAEA事務局長と原子力エネルギー・開発に関する幅広い対話を行いました。

このイベントの模様を紹介したIAEAのプレスリリースの日本語仮訳を作成しましたので、ご参考いただければ幸いです。

日本語仮訳はこちらからご覧いただけます。

※なお当該日本語訳はあくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、英文の原文を参照していただくようお願いします。

以 上

お問い合わせ先:情報・コミュニケーション部 TEL:03-6256-9312(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る