フォントサイズ:

近畿大学で「エネルギー、インフラ業界探求セミナー」を開催(報告)

2019年11月29日

原産協会は、11月14日に大阪府の近畿大学東大阪キャンパスで開催された「エネルギー、インフラ業界探求セミナー」(学内セミナー)に参加企業募集・運営等で協力しました。このイベントは、就職を考えている近畿大学の大学生および大学院生を対象に、企業と学生の出会いの場として、産業界の概要や求められる人材についての話を聞き、学生に原子力産業の魅力を知ってもらうことを目的として開催したものです。

当日は、電力、エンジニアリング、メンテナンスなど計10の企業や組織が近畿大学東大阪キャンパスの電気電子工学実験室に集まり、各社担当者による5分間の自社ピーアール、その後、各社のミニブースにて学生への企業説明、質疑応答を25分ずつ、計2回行いました。学生は計44名が参加し、各ブースでの企業の説明に、熱心に耳を傾けていました。

参加した企業からは「多くの学生と話す機会がとれた」「学生が多く、やる気も感じられた」「出会いの場として非常に良かった」等のご意見をいただきました。今後も原子力産業界の人材確保支援の一助となるよう、よりよい学生と企業のコミュニケーションの場つくりの支援を行ってまいります。

 

5分間の自社PRタイム

ブースで説明に耳を傾ける学生たち

お問い合わせ先:人材育成部 TEL:03-6256-9315(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る