米原子力エネルギー協会(NEI)理事長兼最高経営責任者(CEO)による最近の講演2点の紹介

2021年8月23日

@NEI

米原子力エネルギー協会(NEI)のマリア・コースニック理事長兼最高経営責任者(CEO)は、2021年3月23日に開催されたNEIの年次原子力産業イベントで、米国の原子力を巡る状況について講演し、特にバイデン新政権の積極的な気候目標の達成において、原子力が果たす重要な役割について強調しました。またコースニック理事長は6月7日には、NEIの原子力大会開催の歓迎講演で同様に、カーボンフリーの未来において原子力が果たす重要な役割について述べました。これら2つの講演は、米国の原子力をめぐる最新の状況を全般的に捉えるだけでなく、未来に向けての産業界の取組や意気込みが出ています。

ご参考までに、2講演の全文(仮訳)を紹介します。
 
「米原子力産業の現状報告」(2021年3月23日)

「NEI 原子力大会でのNEI理事長兼最高経営責任者(CEO)の歓迎挨拶」(2021年6月7日)
 
 
※コースニック理事長の挨拶文は、米原子力エネルギー協会(NEI)により英語で準備されたもので、著作権はNEIにあります。当協会は今回、NEIから許可を得て、翻訳し掲載しています。

以 上

お問い合わせ先:情報・コミュニケーション部 TEL:03-6256-9312(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る