フォントサイズ:

『Nuclear for Climate』COP21での活動

2015年11月26日

nuclear4climate 当協会は、世界140以上の原子力学協会が参加する国際的イニシアティブ『Nuclear for Climate(N4C)*』の一員として、2015年11月30日~12月11日、フランス・パリでの国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)の開催に向けて、原子力が気候変動の解決策の一つであることをアピールする活動に参画・協力しています。
 COP21でのN4Cの活動は以下の通りです。

ポジション・ペーパー「原子力は気候変動対策の一翼を担う」の発信

N4Cでは、ポジション・ペーパー「原子力は気候変動対策の一翼を担う」を発信し、以下の理由により、パリ気候変動議論に関わる交渉官に、新たな国連気候変動枠組条約(UNFCCC) の議定書によって、特にグリーン気候基金(GCF)のような気候変動資金メカニズムへのアクセスに関して、各国が原子力エネルギーを選択する権利が決して害されることがないよう呼びかけます。

原子力が気候変動を緩和するための解決策の重要な一部である理由は以下;

  1. 世界は、開発目標を満たしつつ気候変動を抑えるには、原子力を含むあらゆる低炭素エネルギーの利用を必要としている。
  2. 世界は温室効果ガス排出削減に向けて緊急に対策を講じる必要がある。原子力エネルギーは、現在利用できる実証された低炭素オプションである。
  3. 全ての国が、エネルギー政策の目的を達成しつつ温室効果ガスを削減するために、原子力エネルギーを選択する権利がある。

詳しくはこちらをご覧ください。
> ポジション・ペーパー要約(日本語)
> ポジション・ペーパー全文(英語)
> N4C賛同機関一覧

COP21低炭素技術展示会「La Galerie des Solutions」にブース出展

2015年12月2日(水)~9日(水)、パリ、ル・ブルジェの航空宇宙博物館にて開催される低炭素技術の展示会「La Galerie des Solutions」にN4Cも出展します。
N4Cブースでは、展示のほか、会期中には連日原子力や環境に関する専門家の講演や対話を開催します。COP21に参加される際はぜひお立ち寄りください。
また、展示会の詳細を含んだN4Cのアプリをスマートフォンにダウンロードできます。

> N4Cアプリダウンロード方法
> La Galerie des Solutionsのウェブサイトはこちら:
     http://www.lagalerie-cop21.com/EN/

*世界中の原子力協会や原子力学会により立ち上げられた『Nuclear for Climate』イニシアティブに、当協会も参画しています。
このイニシアティブは、各国の政策決定者や一般市民に、「原子力は、増大する電力需要を満たしながら温室効果ガスを削減するための解決策の一つである」というメッセージを届け、原子力が気候変動の緩和に貢献し、持続可能な社会の構築に大きな役割を果たすという認識を高めることを目的としています。

『Nuclear for Climate』の活動、ニュースはこちら;
    ホームページ:http://www.nuclearforclimate.com/
    Twitter: https://twitter.com/Nuclear4Climate
    YouTube: https://www.youtube.com/user/Nuclear4Climate
    Scoop.it: http://www.scoop.it/t/nuclear-for-climate
    Facebook: https://www.facebook.com/NuclearforClimate

お問い合わせ先:国際部 TEL:03-6256-9313(直通)

協会からのお知らせ一覧へ戻る