フォントサイズ:

IEAまとめ、昨年のCO2排出増加は停止

2015年3月26日

 国際エネルギー機関(IEA)は13日、同機関が収集した暫定的な温室効果ガス排出データから、昨年1年間に世界全体のエネルギー部門の排出量が過去40年間で初めて、経済不況と無関係に増加が停止したことが判明したと発表した。
 次期事務局長に内定しているF・ビロル首席エコノミストは、「我々が直面する最大の脅威である気候変動を人類が力を合わせて食い止められるという希望が一層沸いてきた」とコメント。12月のパリCOP21で策定する意欲的な対策枠組の準備交渉で、切望されていた推進力がもたらされたと指摘している。
 IEAの暫定データによると、2014年のエネルギー部門のCO2排出量は世界全体で323億トンと2013年と同じレベルだった。温暖化防止のための努力が、考えられていたより一層顕著な効果を及ぼしたとIEAでは推測。排出量の増加が止まった主な原因として、中国とOECD諸国におけるエネルギー消費パターンの変化を挙げた。【後略】
(3月26日付号掲載)