フォントサイズ:

オバマ政権の原子力予算案に対して、NEIがコメント

2009年5月12日

 オバマ政権は5月7日、ユッカマウンテンでの使用済み燃料処分計画の中止を含む2010会計年度(2009年10月?2010年9月)の予算教書を、議会に提出した。


 これに対して米原子力エネルギー協会(NEI)は7日、次世代炉や使用済み燃料リサイクルへの予算増を評価しながらも、ユッカマウンテン計画や「原子力発電2010計画」計画への予算カットなどを批判する声明を発表した。(以下は、機械翻訳によるこの声明の仮訳です)
——
エネルギー省の概算要求は次世代炉への支援の焦点を合わせている



ワシントンDC:米国エネルギー省は、今日、展開している次世代原子力発電プラントと使用済み核燃料のリサイクルへ資金を増額する2010会計年度の概算要求をリリースした。しかし、それは今後20年間に作られると予想される原子炉への建設支援にはつながっていない。


また、2010会計年度予算案は、DOEの使用済み核燃料管理計画への資金調達を1億9680万ドルへとカットしている。うち、連邦政府の放射性廃棄物基金からは9840万ドルだけである。同基金は、使用済み核燃料を管理する連邦政府の計画に資金供給するために1983年に設立されたが、原子力からの電力のユーザが、毎月の電気料金に上乗せされた課徴金で支払われる。この1億9680万ドルの要求額は、220億ドルの同基金から毎年生じる利子の1/5にすぎない。
 
原子力発電2010計画は、産業界と政府がコストをシェアしているパートナーシップであり、高度な原子力発電所設計の建設に関連する技術面・規制面での不確定要素を減らすために作られたものである。原子力発電2010計画は2010会計年度に2000万ドルだけが割り当てられている。この計画は今年、政府予算と産業界からの同額の寄付で合計1億7700万ドルを受け取っている。産業界は、2010会計年度で同計画に1億2100万ドル投資するつもりであり、DOEがその同額を拠出するものと予想しており、これで同計画は終了の予定だった。
 
次世代(第4世代)原子力プラントへの資金は、当期から6%増加の1億9100万ドルへ上昇する。核燃料サイクル研究開発は当期から32%増の1億9200万ドルを受ける。
 
2010年予算案は、エネルギー省の3つの州のウラン濃縮施設の廃止のために設立された連邦基金の復活により、2億ドルの総収入を予想している。産業界がこの目的のために拠出させられるのは3回目であり、1992年法の下では20億ドル+の義務を果たしている。しかし連邦政府は、この計画のための初期操業資金の義務を満たしていない。
 
NEIのマービン・フェーテル理事長兼CEOは、「この予算は、長い間アメリカ国民と経済にその価値を証明してきた商業原子力技術へのサポートを正しく含んでいる」と述べ、「原子力エネルギーを長期的でクリーンな電源と認識して、次世代原子力プラントへの連邦政府の投資が行われることは喜ばしい。同時に予算案は、他の重要な原子力問題については、重要な改善が必要だと考える」とした。
 
DOEの使用済み燃料管理計画への資金削減は、ネバダ州ユッカマウンテンで放射性廃棄物貯蔵所を開発しないという現政権の決定の意思表示であり、原子力からの電力消費者が放射性廃棄物基金に支払い続ける必然性をなくすものだと、フェーテル理事長は述べた
 
「エネルギー省は、法律と契約によって使用済み核燃料の処分が義務付けられており、法律の定めるところによりユッカマウンテン施設を認可される努力を続けるべきであるが、電力消費者は、この計画をサポートする財政負担から解放されるのが公平というものである。放射性廃棄物基金には、この予算案の水準で同計画に資金を供給する十分なお金がある」と同理事長は述べた。
 
予算には、使用済み燃料管理の代替案を評価する「特別委員会」設立のために500万ドルを含んでいる。フェーテル理事長は、迅速にメンバーを指名するようスティーブン・チュー・エネルギー省長官に促し、同委員会がプロとして生産的な態度で仕事を終了するように求めた。
 
「原子力発電所サイトから使用済み核燃料を移動させるのが遅れると、毎年、訴訟による損害補償が発生することで納税者への負担が生じる。これは政府が、放射性廃棄物政策法の下での義務を果たさないことの直接の結果である」とフェーテル理事長は述べた。
 
同理事長は、「原子力発電2010」への予算要求額が、首尾よくこのパートナーシップ計画を終了するのに必要な額の1/6にすぎないことに失望を述べた。この計画は、気象変動の脅威のもと、温室効果ガス放出に関する世界的関心の中で、電力業界の主たるクリーンエア技術の発展を促進させるのを助けるものである。今後10~20年間に建設される26基もの新型原子炉について、17件の申請が原子力規制委員会の前で未決のままとなっている。
 
「この10年間の電力生産と原子力発電所効率の記録が証明しているように、原子力エネルギーへの連邦政府の投資は幾度もその真価を発揮してきた」。1基の新型原子力発電所は、2400建設職と、500以上の恒久的な雇用を創り出す。これらは理想的な「グリーン・ジョブ」エネルギー技術である。「原子力発電2010」計画の無事終了は、この可能性をより早く、現実のものにするのを助けることができる」。
 
フェーテル理事長は、2005年エネルギー政策法で認められたクリーンエネルギー融資保証計画の下で資格を得ている低炭素エネルギー技術のために、2010会計年度予算が融資保証で追加融資を求めていないことにも失望を述べた。
 
「新原子力発電所への融資保証契約について、エネルギー長官と議会との今年の協議の過程において、米国議会はこれらのプロジェクトを支持するのに必要な貸出高を前提とするべきである」と言った。
 
産業界は安全目標を強く支持しているが、それにもかかわらず、政府が何十年も前に第2次世界大戦後の防衛計画のためにケンタッキー、オハイオ、テネシーで築き上げたウラン濃縮設備の環境浄化に、DOEがウラン濃縮除染・廃止(D&D)基金を復活させようとしていることに「驚いた」とフェーテル理事長は述べた。商用原子力発電所は、この後に、発電用にウラン燃料のための濃縮役務を購入する契約を政府と結んだのであり、ケンタッキーのプラントはまだ稼働している。
 
1992年エネルギー政策法の下では、原子力事業者は15年間にわたって、D&D基金へ22億5000万ドル(インフレ率に合わせ調節)を支払っている。1992年以前には濃縮役務費用はD&D費用を含むすべてのコストを含むように法律で要求されているにもかかわらず、この支払い義務が課せられた。政府は完全な支払いを提供していないが、原子力産業界は1992年法の下で義務を果たしてきた。
 
「私は、これらのサイトで良い環境を守る義務があると絶対に信じているが、DOEが3回もこの計画のためのコストを課そうとするのは、言語道断である。このコストは結局、消費者によって負担されるが、政府自体が1992年法の下での負担義務をまだ満たしていない」とフェーテル理事長は述べた。


——-
原文は以下のリンクから。
 


http://www.nei.org/newsandevents/newsreleases/department-of-energys-budget-request-focuses-nuclear-support-on-next-gen-plants/