フォントサイズ:

フランスと中国 台山原発計画で合弁

2010年1月12日

 フランス電力(EDF)は12月21日、中国・広東省の台山原子力発電所に175万kWの欧州加圧水型炉(EPR)を2基、建設・操業するための合弁企業「広東台山原子力会社(TNPJVC)」を中国の広東原子力発電グループ(CGNPC)と設立すると発表した。
 これは仏国のF・フィヨン首相の公式訪中に合わせ、中国政府当局から最終承認が得られたことによるもの。TNPJVCの設立構想は昨年8月に公表されており、同社の登記資本金167億4000万元のうち、30%にあたる約50億元をEDFが今後50年間にわたり出資する。