フォントサイズ:

3機関の長期エネ予測 【欧州で脱「脱原子力政策」進む 米DOE】

2010年11月26日

米エネルギー省(DOE)内にある独立の統計分析機関であるエネルギー情報局(EIA)は7月に「国際エネルギー見通し(IEO)2010年版」を刊行した。


07年から35年までの世界のエネルギー消費量が49%増加すると予測したもので、この間特に、再生可能エネルギーによる供給量が急速に伸びる一方、既存のエネルギー政策の下では化石燃料がなおも、エネ消費の4分の3以上を賄い続けるとの見方を示している。原子力については、欧州で脱原子力からの政策転換が進むと見ており、OECD諸国の原子力発電量も前年版の「減少」から一転して「増加」と予測しているのが特徴だ。


図2.燃料別・世界の総エネルギー需要量(クアッドBtu) 

3機関の長期エネ予測 【欧州で脱「脱原子力政策」進む 米DOE】