フォントサイズ:

ロシア:サンクトペテルブルクの造船所で、海上浮揚型原発の組立開始

2009年6月1日

 ロシアの総合原子力国営企業であるロスアトム社は19日、サンクトペテルブルクにあるバルチック造船所(BZ)で世界初の海上浮揚型原子力発電所(FNPP)の組み立てを開始したと発表した。 


 原子力砕氷船用の舶用炉KLT?40S(出力3.5万kW)を二基搭載するバージ型(タグボートで曳航・係留)原発は「アカデミック・ロモノソフFNPP」と名付けられ、2007年4月にモスクワの北方セベロドビンスク市(アルハンゲリスク州)にあるセブマッシュ・プリドプリヤチェ造船所で製造が始まった。しかし、軍事関係契約の急増により、同造船所の作業は昨年8月にBZに移管され、ロスアトム社の傘下でFNPPの建設を担当するエネルゴアトム社は今年2月、BZと世界初のFNPP建設契約を締結した。 


 同社は2011年までに最初のFNPPを完成させ、2012年第2四半期までに極東カムチャツカ地方のビリュチンスクに配置・運転を開始する考え。建設工期は3?3.5年、費用は約3億ドル。

ロシア:サンクトペテルブルクの造船所で、海上浮揚型原発の組立開始