フォントサイズ:

カナダ:RI生産炉が故障、日本の医療用RI供給にも影響

2009年6月1日

 世界四大医療用アイソトープメーカーの一つ、MDSノルディオン社は19日の発表で、カナダ原子力公社(AECL)の生産炉NRU(135MW)の故障により、テクネチウム造影剤の原料となるモリブデン99(Mo?99)供給が23日より滞ると通達を受けたことを明らかにした。

 また、日本への影響について日本アイソトープ協会は27日、同社からMo?99原料の入荷が停止していることから、6月からはテクネチウム製品は一部を除き、供給停止せざるを得ない、とホームページ上で発表した。

 AECLは15日、NRU炉の重水がドラムス内に漏れているのを検出。漏洩量は1時間に五kgずつで、修理のため運転再開には一か月以上かかるとしている。