フォントサイズ:

NPT会議準備委が閉会、本会議の日程、議題、議長が決定

2009年6月1日

 来年5月の2010年核不拡散条約(NPT)運用検討会議に向けた第三回準備委員会が4?15日、ニューヨークの国連本部で開催され、日本からは柴山昌彦・外務大臣政務官を団長に、樽井澄夫・軍縮会議日本政府代表部大使、須田明夫・次期同代表部大使らが出席した。

 
同委員会では、検討会議の開催日程を来年5月3?28日、暫定議題として、(1)核不拡散、核軍縮および国際の平和と安全、(2)消極的安全保障、(3)
保障措置および非核兵器地帯、(4)締約国の原子力の平和的利用の権利、(5)その他――とすることが決定。同会議の議長候補として、リブラン・N・カバ
クテュラン・フィリピン大使(駐UAE)が指名された。

 核燃料供給保証構想については、途上国から「原子力の平和利用の権利を阻害するものであってはならない」との警戒発言が多かった。