フォントサイズ:

加カメコ社、UF6生産工場を運転再開へ 

2009年6月8日

 大手ウラン生産業者であるカナダのカメコ社は5月19日、停止中だったオンタリオ州ポートホープ施設での六フッ化ウラン(UF)の生産を今年第3四半期早々にも再開する準備を整えていると発表した。

 ポートホープの転換施設は、2007年7月のウラン漏洩による改修および改善対策のため操業を停止。万全な再発防止対策のもと2008年9月に生産を開始したが、今度はUFの生産に必要なフッ化水素酸(HF)の供給について、従来から契約していた単独の供給業者と新規の契約条件で折り合いがつかず、同年12月から操業を停止していた。この度、同業者と新規契約を結び、6月からのフッ化水素酸供給再開の見通しが立ったとしている。

 写真は、ポートホープ施設におけるUFシリンダーの運搬の模様。

加カメコ社、UF6生産工場を運転再開へ