フォントサイズ:

仏アレバ社、米デューク社などと米パイクトンにEPR建設構想

2009年6月30日

 仏アレバ社と米国のデューク・エナジー社、ユニスター・ニュークリア・エナジー社、および米国濃縮会社(USEC)は18日、米エネルギー省(DOE)がオハイオ州パイクトンに所有するポーツマス・サイトでのEPR(欧州加圧水型炉、写真下はモデル)建設を含め、同地を米国初の「クリーン・エネルギー・パーク」として開発するため、オハイオ州および同州の地元コミュニティ組織とともに連携していくことになったと発表した。

 同パークの概念は、軍用に使われていたサイトを将来のクリーン・エネルギー生産のための中心地に転換させるというDOEの構想に基づくもの。パイクトンでは2001年にDOE(USECが借用)のポーツマス・ガス拡散法濃縮工場が操業を終了しており、DOEは、約3700エーカーにおよぶ同サイト資産の再利用を目的とする地元コミュニティ組織「南部オハイオ州多様化構想(SODI)」に補助金の支給を開始。サイトの浄化支援や既存資産の再利用などを通じて、同地域における持続可能な経済開発に助力している。

仏アレバ社、米デューク社などと米パイクトンにEPR建設構想